2011年7月 5日 (火)

観たい映画。

どこだったか映画館の看板を見てタイトルがちょっと気になった
『星守る犬』。

なんとなく頭のどこかに残っていて、たまたまネットで聞いた平井堅の
曲が主題歌だったから予告編を見てみました。

短い特報から予告編、最後に予告映像の特別編。
特報から号泣してしまいました(;_;)

公式HPのTOPにある一面のひまわり畑に座る西田敏行とワンちゃん。
西田敏行の顔がやさしくて、ワンちゃんのことが愛しいっていうふうで
とても印象的です。

『博士の愛した数学』のあとに『椿山課長の七日間』を読んだんだけど
「西田敏行は適役だなぁ。」と映画は見てないけど原作全体から感じました。
今回もそうなんだろうなぁ。すごいなぁ、と思う。
だって他にもこういう役ができそうな俳優はいそうなのに
驚くほどにピッタリしっくりくるんだもん。

玉山鉄二の役のように、クロも中学生のころポチという犬をちゃんと育てて
あげなくて6年目にフィラリアだと分かり薬も全然効かなくて
死んでしまったときは自分の無責任さとポチへの色んな思いで
泣く資格なんかないのに涙が止まらなくて、その晩はポチの近くで眠りました。

そんな気持ちもあって、自分と玉山鉄二を重ねてしまったのかも。

『星守る犬 公式サイト。

20110705tue_dog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月28日 (火)

緑のカーテン ゴーヤくん

今日の暑さですでに頭痛発生!!!
夏本番がおそろしい今日この頃。

ベランダの緑のカーテンはやっと1/3ほどの高さになったけど
よくニュースとかで見るような”生い茂る”くらいになるには
もうチョイな感じ。

だけど蕾はたくさんついてマス♪
シロさんが苗をもらった人から聞いたところによると
雄花と雌花があって受粉してあげなくちゃいけないみたいなんけど
お花は日中開いて夕方閉じちゃって一日でポトリ。。。
なので受粉するチャンスがなかなか無くて。

で、おとといから水遣りしてなかったから
今日朝イチでお水をあげながら摘心してたら。。。

なんとっ!!!
ゴーヤくんが(>0<)!!!
まだ花がらをつけたままのミニチュアサイズでとってもカワイイです☆

今日もシロさんの会社に苗をくれた人が仕事にくるということだったので
「ケータイで写真撮って見せたら喜ぶんじゃない♪」って
言う前にもうケータイを持ってたシロさんでした(^_^;

たくさん収穫できるといいなぁ。(←苦手なくせにね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

梅雨って。

蒸し蒸しジメジメして夏を前に早くもダウン気味なクロですが
植物にとってはいい環境みたいってことだけが救い。。。

去年ご近所の方に頂いたお多福紫陽花を挿し木にしたら
とってもキレイな色のお花が咲きました☆
お花の縁が内側に丸まってる様がコロンとしてかわいいです。

そして、シロさんの会社のお客さんから頂いたゴーヤの苗を
緑のカーテンにしてみました。
ネットを覆いつくすようになるには、もう少し時間がかかりそうだけど
もう花芽をたくさんつけていて、下の写真の上方中央あたりの蕾が
一番早く開きそう♪
苦味を抑える調理法をマスターしなくては(^_^;

植物にとって快適そうな梅雨だけど、今年はいろんな植物の新芽が
ナメクジ被害に遭っています(;_;)
お願いだからこれ以上食べないでよーっっ!!!
と、切に願う梅雨の一日なのでした。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

『博士の愛した数式』

遅ればせながら、最近になって読んだ『博士の愛した数式』。

映画が公開されたとき、予告編の寺尾聰と深津絵里が
内容はほとんど覚えていないのに
なんだかほんわかしてていいなぁ。って思ったのを覚えていて
ちょっと読んでみました。

この物語は、『静』という時間が全編に漂っていて
透明な雰囲気を持っています。
数学が苦手なクロでさえ、数学とか数について
もっと理解できたらステキだろうなぁって思いました。

本の中のどの場面にも、やさしい陽だまりが似合うような
そんな作品。

読み終わってからシロさんにも薦めて、
シロさんが読み終わったらDVDを借りてこようね!って
楽しみにしていたのに
映画はかなり原作と違っていて
「見なければよかった。。。(涙)」
という悲しい結果に。

クロは、「博士は寺尾聰で家政婦さんは深津絵里。」っていうのが頭にあって
しかもすごく役に合ってるって思ったから
頭の中で映像化しながら本を読み進め。。。
だから映画を見ながら悲しかったり、「ちがうよぉ。。。」と言ってみたり。

せめて博士のスーツはもっとヨレヨレにするとか。。。
せめて博士のメモをもっと増やすとか。。。
せめて博士の部屋をもっと雑多な感じにするとか。。。

草野球での博士のバッティングシーンには
DVDのスイッチを消そうかと思ったぐらいショックでした。
この原作からどうしてああなったのかが不思議でなりません。

そんな感じで、映画はとても残念な結果に終わりましたが
この一冊の本はクロの中で
大好きな『錦繍』に次ぐ心の一冊となりました★

いつか自分の人生が終わるとき、振り返った時間が
この本の中に漂う『静』のような人生だったらなぁ。。。って思うくらいに
この本の空気感がクロは大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

でんちゃんのこと。

4月の初め、シロさんとクロの2人目の赤ちゃんも
9週と3日で
見ることも触れることもできないところにいってしまいました。

今回は生まれた子供の夢を見て、その子は男の子で
夢の中でシロさんに
『”でんでん”はもう寝ちゃったって♪』
という会話をしていたので、その日から”でんちゃん”って
呼んで話かけていたのに。

震災の半月後、ほんのちょっと、本当にごくわずかに鮮血出血があって
その2日後に病院へ行くと
『残念ですが今回も心臓が止まっています。』
と言われ、翌日手術をしました。

はっちの時は色んな要素が重なって染色体検査をやめたけど
でんちゃんは染色体検査をお願いし、今日結果がわかりました。

染色体が並んだ紙を見せてもらうと3本ずつありました。
クロの核がふたつだったのか、シロさんのがふたつ入ってしまったのか
そのどちらかが主な原因となって染色体が倍になってしまったそうです。
こういう染色体の場合は、ほとんどの確率で流産してしまうそうです。

だから、
『妊娠はできているし、今回は染色体異常で
たまたま2回続けて流産してしまったけれど、
次回も必ず流産してしまうという心配はしなくてもいいと思います。』
と先生は言っていました。
『次の診察のときに不育症についての血液検査をしましょう。』
と言っていました。

心臓が止まっているとわかった日、看護師さんは
『ツライけど、クロさんは妊娠はできるから。。。』
と慰めてくれました。

体外受精をしている友達は
『不育症の8割は治療をして子供ができるみたいだよ。。。』
と励ましてくれました。

そんな慰めや励ましの言葉が胸の奥にずっとひっかかっていました。

そんなとき、先月受けた人間ドックの問診で初老の先生が
『妊娠できる。でも流産してしまう。あなた、辛かったね。』
と言ってくれました。
そのとき、胸の奥につっかえて溜まっていたものが
何かですーっと掬われたようでした。

”流産”は妊娠できるからこそ起こるわけで
でも、おなかの中とはいえクロにはちゃんと自分の赤ちゃんでした。
生きている人が死んでしまったのと同じくらい悲しかった。

だから、
『妊娠できないのと流産を繰り返すのは、どっちがいいのかなぁ。。。』
って、何度もシロさんに聞いてみたりしました。
ほんとはそうやって自問自答を繰り返していただけのような気がします。

また流産したらどうしよう。
そう思って、でんちゃんのことも5ヵ月に入ったくらいに家族や友達
みんなに報告するつもりでした。

また流産したらどうしよう。
次に妊娠できても、喜びと同時にこの不安も生まれるはず。
それでも子供がほしいと思うのは、クロのエゴなのかも知れない。

はっちの時に、救急の先生がエコーを確認しながら
『首の後ろが腫れてますね。』
と、言っていました。
救急の先生が撮ってくれたはっちの写真を、通院している病院の
看護師さんに見せたら
『背中がむくんでるね。』
って、言っていました。
調べてみると【NT】とよばれる胎児の浮腫で、その厚みが広いと
心臓が弱かったり、染色体に異常があったりするそうです。
特にダウン症の確率が高いとのこと。
もちろん、流産の確率も高いそうです。

不妊症から始まって不育症と、いろいろいろいろあり過ぎて
インターネットで不育症について調べたりして。

次に妊娠できたら”初期胎児ドック”を受けたいと思いました。
初期といっても最適時期が12週だから、それまで流産しなかったら、だけど。
それと初期ドックをやっているのは大阪にあるクリニックだけ(?)みたい。。。

だけど、色んな不安を抱えたままとか
対処できることがあるかもしれないのに”わからなかったから”という理由で
ただ時間を過ごしていたくないから。

はっちとでんちゃんは、クロのおなかの中でだけだったけれど
ちゃんと存在して、色んな気持ちや色んなことを教えてくれました。
友達が言うように、私は『ふたりのお母さん』なんだから
しっかりしなくっちゃ!
ね。



9週と3日しか一緒にいられなかったけど
シロさんとクロの声、ちゃんと聞こえてたかな?

でんちゃん、ありがとう。

20110609thu_denchan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«日暈。2011.05.31wed