« RENT | トップページ | 調理師免許&ポセイドン »

2006年5月15日 (月)

観光@祖谷渓谷(GW四国旅行 その2)

随分とんじゃいましたが、GW四国旅行のつづき☆

一日目は本場のオイシイうどんをたらふく
食べ(”うどん@香川”参照)、翌日は徳島へ移動。
まずは大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)へ。
ここは吉野川沿いの渓谷。
遊覧船の船頭さんが、すごい訛りとやる気のなさで
「大股で歩いても小股で歩いても危ないことから
この名前が付いたのだ」と、説明してくれました(^_^;。
20060515mon_oboke 20060515mon_oboke3
かなりの迫力!なんだけど、写真ってムズカシィ。
エメラルドグリーンが渓谷の深さと美しさを感じさせる。
こどもの日ということで鯉のぼり。
いったい誰が掛けたんだ...(掛けた人スゴイ)
20060515mon_oboke2
売店でお土産の祖谷そば(乾麺がオイシイらしい)を買って
次の目的地”祖谷渓谷(「イヤ」と読む)”へ!

祖谷渓谷は平家落人の里で、ここには敵が攻めて来たら
いつでも切り落とせるようにと全てを”しらくち蔓(かずら)”という
植物で作ったかずら橋があります。
3年に一度、架け替えをしていることのこと。
20060515mon_kazura3
渡るの有料だし人並んでるし...でもせっかくなので渡ることに。
それにしてもスゴイ人だった(*_*)
20060515mon_kazura


20060515mon_kazura2足元はこんな感じ
(結構揺れる)
混んでて進むのがゆっくりで
あまり怖くナイ。


渡り終わってから売店で炭火焼きの田楽を買う。
20060515mon_kazura_dengaku 歩きながらパクリ☆ ウマイ!

20060515mon_kazura_taki
売店のとなりにある”びわの滝”。
平家の人々がこの滝の下で琵琶を奏で
慰め合ったそうです。
高くて細い華奢な佇まいが切なさを誘う。




そしてかずら橋の下の沢で水遊び☆
この日もかなり暑かったから気持ちいい!
でも、あまりの冷たさに3分も入っていられない(*。*)
スイカもあっという間に冷えてしまうくらい冷たい。
20060515mon_kazura_sawa 20060515mon_kazura_sawa2

すっかり童心に返って遊んだあとは車で更に奥祖谷へ。
お次は二重かずら橋。(有料)
道路脇の遊歩道から下へ降りていくんだけど
きれいに整備されてるし脇に咲く可憐な花々が
観光疲れに心地いい。
20060515mon_nijyu_kazura4 20060515mon_nijyu_kazura5
さっきの橋はかずらだけで作られてたけど
こっちの橋は土台にワイヤー使用。
なのに足元の渡し木の間隔がまばらでかなり怖い!
奥祖谷まで来る人は少ないからか人はまばら。
20060515mon_nijyu_kazura すぐそばにもう一本ある。
20060515mon_nijyu_kazura2

2本とも渡り終わったあと
沢にかかる”野猿(やえん)”という
人力ロープウェイに乗る。
半分くらいまで勢いで行ける。
結構たのしい☆


一通り目的の観光を終え、本日の宿「穴吹温泉」へ。
この移動は延々山を越えた。
太陽に照らされた山々は昔話の挿絵にありそうな色彩。
ところどころ桜や藤、山つつじなどの花が咲き
緑の地に素朴な色合いが散りばめられた
パッチワークといった感じ。

いよいよ宿に近づいた!とほっとしたのも束の間。
先日の雨による土砂で地図に示された道は工事中。
宿の地図には2ルート記載があったけど”まわり道”看板の通りに
迂回することに。が、これがマズかった。
舗装はされているものの車一台の幅のすっごい急斜面!
点在する立派な農家を横目にクロもシロさんもハラハラ。
途中、歩いていた農家のおばあさんに道を尋ねると
まだまだ登って、登りきったところを下るらしい。
と、いうことは一山越すってことぉ!(*。*)
引き返すこともできず、更に進む。
と、ガードレールに宿ののぼりが!
目的地は目前(^0^)、と思いきや進めど進めど
のぼりはあるものの宿らしき建物は現れず...。
工事中のガタガタ道が現れたときは
ホント心配だったけど、それを過ぎるとありました☆
”水車の里 穴吹温泉”。
ご主人に聞いたところ、もうひとつのルートで
来たほうがよかったらしい(T_T)
早速チェックインして先に夕飯をいただくことに。
この宿は”しし鍋”がオススメだったので
しし鍋コースを予約時に注文。
20060515mon_sisinabe
一品料理は当日注文できるということだったので
クロもシロさんも初の”鹿刺し”。
それからアメゴという渓流に住むアユに似た魚の塩焼き。
阿波踊りにちなんで名づけられた”阿波雄鶏”。
20060515mon_sikasasi 20060515mon_amego 20060515mon_awaodori
どれも美味しかったけど、クロは鹿刺しはちょっと
臭いがダメでした。

たらふくご飯を食べたあとはゆっくり温泉へ。
サウナも付いてました。
部屋は建物2階にあるログハウス風の部屋で
中もきれい。テレビとトイレと洗面所がついてます。
お布団はセルフ。
両脇の部屋では子供がおおはしゃぎ☆
子供連れにはとってもいい宿だと思う。
お風呂や門限は21時半と早いけど、それでも充分。
1泊2食付で6500円(入湯税含む)とは格安!
翌朝は宿の向かいに流れる渓流沿いの散策コースで
森林浴を楽しみました!
20060515mon_anabukionsen
ここの宿はアットホームで何よりコックコートのご主人と
由紀さおり似(そう思うのは私だけ?)の奥様が素敵☆
翌朝宿を発つ時など、いつまでもお二人、手を振って
見送ってくださいました。
徳島に行く時は是非また泊まりたい宿です。
”水車の里 穴吹温泉”のHPはコチラ。
http://www.anabukionsen.com/index.html

さてさて、最終日のUpはいつになるやら...。

|

« RENT | トップページ | 調理師免許&ポセイドン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86664/1812322

この記事へのトラックバック一覧です: 観光@祖谷渓谷(GW四国旅行 その2):

« RENT | トップページ | 調理師免許&ポセイドン »