« ル・プティ・トノー | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード »

2006年6月 8日 (木)

ナイロビの蜂

日曜日は最悪だった。
久々に人生最大級の強烈な肩こり頭痛と吐き気に襲われた。

午後から”ナイロビの蜂”を見に行ったんだけど
いつも行ってるシネコンの劇場が小さかったからか
映像に酔っ払ったのか。
とにかくひどい一日になってしまった。

ナイロビの蜂”は”ラブストーリー”と銘打たれていた
ようだけど、そういう感じは受けなかったナァ。
なんていうか「ぼんやり霧の中にいた感じ」が抜けない。
あのテーマソングのせいなのか、回想されるテッサの映像の
せいなのか、はたまた具合いが悪かったせいなのか。
今となっては理由はわからず(^_^;

レイチェル・ワイズの死で、温厚なレイフ・ファイズが
悪を暴くというストーリーなんだけど
妻を思う夫の想いなのか、貧困によるアフリカの嘆きなのか
全編に物悲しさが漂っていた。

アフリカを想うとき、点在する木々の中のトラやライオン、
そういった自然の景色ばかりしか思いつかなかった
クロにとって、”ナイロビの蜂”に映し出されたゴミや人や
プレハブ小屋が隙間なくギッシリと立ち並ぶスラムの映像に
衝撃を受けた。貧富の差が大きすぎることも怖かった。

あの映画は何を伝えたかったのだろう。
どちらかと言うとクロは、ラブストーリーと言うよりも
アフリカの現状を伝えようとした映画だと思う。
レイフ・ファインズの最期はクロにはちょっと理解できなかった。
というと言葉が違うけど、もしクロがレイフ・ファインズの立場だったら
シロさんのことをどんなに想っていてもああいう風にできるだろうか。
逆にクロはその遺志を継ごうと思うほうかも。
そういう点では”ナイロビの蜂”はラブストーリーなのかも知れない。

レイフ・ファイズにもアカデミー賞をあげたかったナァ。
でもきっとそれ以上に”カポーティ”がいいから
レイフ・ファインズは受賞できなかったんだと考えると
”カポーティ”見るのが楽しみ☆

そうそう、具合い悪いくせに映画のあと
コリアン・タウンにある焼肉屋 美星屋(こういう字だったかな)へ
行ったのが決定打だったかも(^。^;
ここのレバ刺しはなかりウマイ☆
でもクロは、タン塩3枚食べてギブアップ(*_*)
匂いを嗅いだだけで吐きそうだったから、お店の周りを
割れそうな頭を抱え、ひとりウロウロ。
6千円をひとり王様食いしたシロさんがうらやまスィ。
今だったらバリバリ食べられるんだけど(^_^)

|

« ル・プティ・トノー | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86664/2130387

この記事へのトラックバック一覧です: ナイロビの蜂:

« ル・プティ・トノー | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード »