« ミニバラ大量購入。 | トップページ | 田舎を想う。 »

2006年12月27日 (水)

「そのときは彼によろしく」

そのときは彼によろしく

「いま、会いにゆきます」の市川 拓司の本が
映画化されるということなので
この話題があまり広まらないうちに
図書館で借りてみました。

この著者に関する作品を、本でも映画でもTVでも
体験したことがなかった”市川 拓司初心者”の
クロだったけれど、かなり早いうちに引き込まれ
4時間ぶっ続けで読破しちゃいました☆

全編にノスタルジックな雰囲気を漂わせ
初恋や友情を大切に持ち続ける主人公たち。
そして素晴らしい父子愛も語られる
とてもステキなお話でした。
先はだいたい読めてしまうんだけど
それでも「ほぉらやっぱり」と思わせず
素直に感動できるのは
引き出しの多い文章だからだと思いマス(^-^)
歌詞のような文章という感じもする。

花梨を長澤まさみ、智史を山田孝之、佑司を塚本高史。
本では29歳の3人だけどどうやら22歳の設定。
3人ともクロが描いていた人物像と異なるので
本だけで満足かなぁと思ったりしてマス(^_^;

さぁ次は「ライラの冒険」読まなくちゃ!
ニコール・キッドマンが演じる役がどんな存在なのか楽しみ☆

そのときは彼によろしく
東宝の制作発表ページ
http://www.toho.co.jp/movienews/0612/10sonotokiha_sh.html

|

« ミニバラ大量購入。 | トップページ | 田舎を想う。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86664/4696023

この記事へのトラックバック一覧です: 「そのときは彼によろしく」:

« ミニバラ大量購入。 | トップページ | 田舎を想う。 »