« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月の9件の記事

2007年2月26日 (月)

初出勤。

約1年半ぶりに今日から外でお仕事デス!
初日ってすんごく緊張(>_<)

単発の仕事は何度かしたけど今回は長期。
一日4時間だけど毎日のことなので、仕事がたくさんあって
職場の人がいい人たちだといいなぁ(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

「世界最速のインディアン」

20070225sun_indian

この土日もシロさんはお仕事デス(T_T)
でも、最近は週末なかなか映画に行けなかったので昨夜オールナイトで見てきました☆

老後、ニュージーランドから地球の反対側にあるアメリカのソルトレイクへ
たった一人で旅をし、インディアンという旧式のバイクで世界最速を目指した
バート・マンローという実在した人物のお話。
その記録は、1000cc以下のバイクでは未だ破られていないというから驚き!
こんな風に書くと、何だかとてもドラマティックな内容のようだけどそうじゃなく
見ている間も見終わった後も、じんわり温かくなる映画。

終電なくて一時間ちょっとかけて家まで歩いたことなんてどうってことナイくらい
ステキな映画でした(^-^)
序盤、「ハンニバル」振りに見るアンソニー・ホプキンスがあまりにおじいちゃんなので
「この役はこんなにおじいちゃんで大丈夫なのだろうか」と心配したけれど
だからこそ余計に今作のモデルとなったバート・マンローを感じることができたのかも。

映画の半分を占めるロードムービーがこれまたいいんです!
彼に出会った人々はとても親切で温かいんだけど、それはどんなに歳をとっても
夢にむかって一生懸命楽しんでいる彼の前向きな姿勢を肌で感じ、感化されていくから
なんだろうなぁと思いマス。
その人のとても良い部分を引き出す才能が彼にはあったんだろうナァ。
機械に強く、それでいて詩人。老若男女から愛される人物ってそうそういない。
クロもバート・マンローという人に出会いたかったデス。

ちなみに「とっつぁん坊や」のようなお隣のトムちんがめちゃくちゃカワイイです☆

レンタルでも何でもいいからたくさんの人に見てほしい、そんな映画。
日常が退屈で世の中が不公平だらけだと感じている人に、またそうでない人にも
きっと何か心にのこるものがあると思いマス。

世界最速のインディアン」 オーストラリアの公式ページ
http://www.worldsfastestindian.com.au/
日本のソニーピクチャーズの公式サイトにアクセスできなかったのでオーストラリアの公式サイトを
貼ってみました。アメリカのサイトもカッコよかったけどクロはこっちのが好きかナ☆

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年2月24日 (土)

憧れのタッチアンドゴー☆

20070224sat_pasmo_1
3月18日から待ちに待った「PASMO(パスモ)」がスタート!
待ちに待ってたくせにおとといやっと申し込み完了(^_^;

オートチャージ機能に対して、どこのカードがいいのかなぁと悩み
結局一番良く利用するであろう「東急プラザカード」にしました(^-^)
プラザカードの申し込みで500円の商品券(有効期限3月末までだけど)もらえるし
年会費無料だし。一緒にPASMOのオートチャージを申し込む。
2月28日までに申し込むと1000円のポイントが付くのダ☆
ショッピングに使ってもいいし、PASMOへのチャージにも利用できるらしい。
単純なクロはとっても得した気分☆

「PASMO(パスモ)」とは、JRの「suica(スイカ)」の私鉄版で首都圏の交通機関を網羅。
3月18日からはsuicaでも今まで同様JRはもちろん首都圏の私鉄・地下鉄、バスが
タッチアンドゴー出来ちゃうのデス!
「PASMO」の登場に併せてJRも必死に対策を練っているハズ。
クロんちの最寄駅は私鉄だからsuicaにはなかなか手を出せず、乗り換えの面倒を
グッと堪えていたんだけど、遂にJR以外の主要な交通機関共有という
とってもステキなシステムがスタートするんだと思うと、何だかワクワクしてきマス☆

suicaもそうだけど、デポジットとして最初に500円取られますが解約時に戻ってきます。

オートチャージ機能とは残高が2000円以下になると、提携しているカード会社から
自動的に3000円入金されるというもの。
残高を気にしなくていいしチャージの手間が省けるという利点あり。

「京王パスポートカード」だと期間限定で乗車分のポイントが貯まるらしいんだけど
京王線とか京王デパートにはほとんど無縁なので、クロは東急カードに。
あとは東京メトロのカードもあって、これはメトロ乗車ポイントや三越でのポイントなど。
東京メトロにもいまいち乗らないのでこちらも却下。
自分にとって最もメリットのあるものが一番デス。
東急カードが東急電鉄の乗車ポイント制を導入してくれたらいいんだけどなぁ。

そんなこんなで手元に届くのが待ち遠しい今日この頃なのでした(^-^)

「PASMO」
http://www.pasmo.co.jp/index.html

「suica」
http://www.jreast.co.jp/suica/index.html

「東急カード」
http://www.topcard.co.jp/

「京王カード」
http://www.keio.co.jp/traffic/train/pasmo/index.html

「東京メトロカード」
http://www.to-me-card.jp/guide/point/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

レモンの実と天然酵母日記

20070222thu_lemmon

いよいよレモンらしい格好になってきました☆
たくさんの花を咲かせてくれているのに、摘果しなくてはいけないのが切ないデス。

20070222thu_kobo

そして今回の酵母ちゃんは「リンゴ&ネーブル」。
いよいよ明日、中種の完成なのダ☆
ここまで来るのに2~3週間かかるから、だいたいいつもパンを焼くまでの
興味と気力が持続しないクロなのデス(^_^;
困ったことに、元気な酵母ちゃんを見ることができただけで
シアワセになっちゃうんだよナァ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月14日 (水)

春一番

毎年そんな言葉を耳にする日って、往々にして真っ青な青空が広がる
ような気がしてたけど今年はどんより雨降りな一日。
鼻炎の方々はとても喜んでいるに違いありませんが
せっかくの”春一番”、思いっきり感じたかったクロなのでした。

そんなワケで気を和ませるために撮りためていた”春の訪れ”up。

20070214wed_turip
原種のチューリップ4鉢は、先月すでに芽が出てました(*0*)

20070214wed_lemon
レモンの”アレンちゃん”。いつの間にか開いてました(^-^)
今では蕾もたっくさんついてマス☆

20070214wed_ran
頂いてから10年近く経つデンドロビュム。今年は肥料をあげなかったせいで1対のみ(;_;)

20070214wed_choco
そして今日はバレンタインデー。
シロさんの大好きな”大草原の小さな家”とナッツ入りのチョコ☆
ケーキを焼こうと思ったけれど内職が急ぎになったので急遽チョコ購入。

月末から午後だけの派遣のオシゴトが決まり、約1年半ぶりの会社勤め。
体重計の目盛が、今までの人生でmaxだった中学時代の記録に
近づきつつあることが、クロにとって外で働くことの最大の要因ってとこが
ちょっと微妙(^_^;
真夜中ゴハンと運動不足。太るの当たり前だよなぁ...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

「硫黄島からの手紙」

20070205mon_iwojima

いつも行くシネコンでの上映が今週金曜までだったので
土曜日のオールナイトで「硫黄島からの手紙」を見てきました。
0:05からだったので「眠くなるかもね」って話してて、シロさんはガムまで買ったのに
眠気なんてこれっぽっちもやってこなかった作品デス。

二宮君の演技を見たことがなかったから、彼が何故あんなに賞賛を浴びていたのか
わからなかったクロだけど、この作品だけで充分理解できました(*0*)
二宮君だけでなく、渡辺謙や他の俳優の演技からも戦地での緊迫した雰囲気が
伝わってきて見ているクロも最後まで気が抜けなかった。
初めのうち、いくつか聞き取りにくいセリフがあったのがちょっと気になるところ。

「プライベート・ライアンみたいな緊張だったね」とシロさんは言ってました。
戦争のシーンはとても迫力があり、緊迫感が押し寄せる。
「お国のため、家族のため」と生きては戻れない場所へ赴き、戦えと言われ
更には自害を迫られる。そんな若者達の不安と恐怖がひしひしと伝わってくる作品。
そして、そんな戦況の中、日々子供に絵や手紙を綴る栗林(渡辺謙)。
その人柄は、常に穏やかで且つ冷静を保っている。
この世の中で、人の上に立つ立場の全ての人にお手本にしてほしいです。

クリント・イーストウッドは素晴らしい監督だと改めて思うクロでした(^-^)。

「硫黄島からの手紙」
http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

”機械じかけの猫”

機械じかけの猫〈上〉  機械じかけの猫〈下〉  檻のなかの子―憎悪にとらわれた少年の物語

久しぶりに本を読みました。
クロはどちらかというとノンフィクションものを好んで読みます。
好きなのはトリイ・ヘイデンという児童心理学者の本。
「シーラという子」や「タイガーと呼ばれた子」など、幼児期に虐待を受けた子供の心を
開いていくという自身の体験を綴ったノンフィクションが多く、初めて目にした時
タイトルがとても印象的だったのを覚えている。
中でも「檻のなかの子」はとても恐ろしい虐待の記憶を持つ情緒障害の少年が
普通の青年へと立派に成長していく素晴らしい実話です。

今回読んだのは、そんな彼女のフィクション作品第2弾”機械じかけの猫”上下巻。

結構厚いハードカバーの本2冊を、内職ほったらかしで読みました(^_^;

この作品は「現在」と「過去」と「空想の世界」の3つから構成されていて
フィクションなんだけど今までの彼女のノンフィクション作品、というか体験談と
変わらないあらすじ。
3つの要素がそれぞれ同じ量のページを埋め、しかもそれが絡まりながら
進行していくのでちょっとイライラ。何故って、例えば「現在」を読んでいて
その先のことをもっと知りたいのに次の章は「空想の世界」の話だったりするから
できれば飛ばして読みたいんだけどそうもいかなくて…。

上巻のかなり早い段階で、作品を紐解く様々なヒントがあるので
トリイ・ヘイデンの作品を読んできたクロには筋が見えちゃって
そういう場合、「一気に結末へ飛び、説明不足な部分はパラパラとめくって解決」な
読み方をすることが多いんだけど、構成上無理だったのでイライラしながらも
ちゃんと読みました(^_^;
読後の感想としては、フィクションなのだからもう少し違った感じで書いてほしかった。
「空想の世界」はもうちょっと削ってエッセンス的な量でよかったかも。
そして何だか物足りなさも残る。

初めて彼女の作品を読んだ時「アメリカでは恐ろしいことが起きてるんだ」と思ったけど
昨今、日本でも虐待の犠牲になった子供のニュースが増えていて
そういうニュースを目にするたびに未然に防止できないものかと憤りを感じる。
関係機関の対応や判断基準をしっかり整え、守ってあげなくてはいけないはずの
小さな命や彼らの将来を「虐待」という大人のエゴから一日も早く遠ざけてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

うれしい贈り物

20070203sat_orange

田舎の知人がネーブルを送ってくれました☆
さっそくお礼の電話をすると、電話口の奥さん曰く「大きさが不揃いのため2級品」
とのこと。
「見てくれは悪いけどとても美味しい」とい言う奥さんの後ろでご主人が一言。

「うちの(奥さんのこと)みたいだよ」。

笑って説明してくれた奥さんは、きっとうれしかったに違いありません。
憎まれ口のようでいて、実はものすごいホメ言葉☆

いつまでたっても仲良し夫婦なお二人の関係に憧れるクロなのでした(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

「DREAM GIRLS」試写会

20070201thu_dreamgirls_1

東京厚生年金会館で行われた「DREAMGIRLS」の試写会へ行ってきました☆

楽しみにしている映画って、多少なりとも期待しすぎた感があるんだけど
この映画に限っていえばそんなことは全くなく
出演者たちのパワフルな歌唱力に圧倒されるとともに
アメリカンドリームを夢見る気持ちや、大切なものに気づいていく姿が
楽しくまた、切なく描かれています。

東京厚生年金会館は初めてのクロですが、2階席のある大きなホールは
開映ギリギリになっても席を探す人がいるほどの大盛況。
エンドロールが終わると、短い時間ではあったけど拍手が起こりました☆
もっと拍手してもいいくらいなんだけど、そこが日本人なのかなぁ。

助演女優賞で、ゴールデングローブ賞受賞・アカデミー賞ノミネートなど
25歳そして、今作がスクリーンデビューとは思えない圧倒的な存在感を放つ
エフィ役のジェニファー・ハドソンは本当に素晴らしいデス☆

映画を見ている間中ずっと「サントラ買うぞ!」って思い、昨夜amazonで購入。
通常版ではなく「デラックス・エディション」を購入しました。
36曲も入ってるし、劇中、レコーディングの設定でビヨンセがフルコーラスを歌った
「リッスン」のクリップと映画の予告編が収録されたDVD付き☆
限定盤らしいので、映画を見てない人もお早めに(^-^)。

ドリームガールズ:デラックス・エディション(DVD付)
ドリームガールズ:デラックス・エディション(DVD付) [Limited Edition]
¥ 3,392 (税込)
通常盤に収録していた20曲に加え、完全限定盤のみの楽曲を追加した珠玉の36曲。
さらに限定盤のみ、『リッスン』ビデオクリップと
映画『ドリームガールズ』予告映像収録予定のDVD付。

「DREAMGIRLS」公式サイト
http://www.dreamgirls-movie.jp/top.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »