« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の3件の記事

2010年2月21日 (日)

『(500日)のサマー』 2010.1.28thu

昨日見た『ラブリーボーン』のことを忘れないうちに書きたくて
順番飛ばすのは良くないので
やっと『(500日)のサマー』デス(^-^;

20100128thu_summer2

とにかく予告編のズーイー・デシャネルがかわいくて
絶対に見たい!って思っていた映画。

ステキなラブストーリーなんだろうナァ~、ってワクワクしながら
プロローグを見てたのに、始まって早々
「これはラブストーリーではない」みたいな字幕が出て…(-。-;

構成は『メメント』みたいな感じで、500日の時間軸がパズルみたいに
はめ込まれいて、こういう映画を見ていると「監督の頭の中って
どうなってるんだろう」といつも感心してしまいます。

ミュージックビデオ出身の監督とあって全体的にオシャレです。
オフィスとかトムやサマーの部屋とか小物とか…。
あと、サマーの服装がすごくステキ☆
青があんなに似合う女性はそうそういないんじゃないかと思いました。
あんな風に(特にスタイル…)なりたいナァ。
とくにイケアでのワンピースがめちゃくちゃステキ!
いろんな髪型もレトロな感じの服装に合っていて
同性のクロから見ても「かわいいナァ☆」って素直に思える女の子。

20100128thu_summer1

でもシロさんの言葉を借りるとサマーは「不思議ちゃん」。
シロさん的には好ましい性格ではないようです。
まぁ確かに「不思議ちゃん」だなぁ。

結末はなるほど「ラブストーリー」ではありませんでした。
クロはハッピーエンドが大好きだから、この結末にあんまり
納得とか共感できなかったけど、よくよく二人の性格を考えると
こうなるのが良かったのかも。
でもやっぱり、切ない感じが心にふわふわと漂ってきちゃいます。
そんなにヒドい結末ではなし、サマー的には良かったナと思えるん
だけど、でもやっぱりクロ的には切ないデス。
別にトムが好きっていうんじゃないけど。

ストーリーは好みの問題もあるので「なんとコメントしたら」という
感じだけど、オシャレな映像は見ておいて損はナイ!と思います。

余談ですが、
ミュージックビデオって数分の中にちゃんとドラマとして起承転結が
あったり、それが歌詞にとてもリンクしてたり、
映像がとてもキレイだったりすると
その空気感に感動してよく泣いてしまいます。
そんな作品を作っている人たちをクロはとても尊敬します。
なにかを形にする仕事ってステキだナって思いマス。

『(500日)のサマー 公式サイト

劇場:チネチッタ
    チネ3
座席:J-10

アゼリアで前売り1500円だったんだけど「1枚しかないから」って
チネチッタ共通鑑賞券(?)を出してくれて1300円でした☆ラッキー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

ネットサーフィン。

仕事中毎日「今日こそは帰ったらあれをやってこれもやって...」と

思い描くのに、結局今夜も5時間ネットサーフィンで終わってしまった。

とほほ。

『やりたいことリスト』は常にあるのにどうしてこんなにダラダラと

過ごしちゃうんだろう。

月曜~木曜は夕飯と翌日のシロさんのオベント作りで

だいたい台所に立ったまま3時間過ぎちゃうし。

手際も要領も悪いのは子供のころから変わらないなぁ。

まずはこの週末に楽譜を印刷して、来週こそは『G線上のアリア』を

練習しよう!

それから手紙日記を書いて、ダイエット用のクッキーを焼いて、

梅酒の梅でジャムを作って、それから酵母も起こして、

デジカメの写真を整理したり、途中になっている縫い物もしよう。

エアロバイクも漕がなくちゃ!

いっぱい挙げすぎるのが良くないのかナァ。

のんびりっていうより、ダラダラな毎晩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

『かいじゅうたちのいるところ』 2010.1.17sun

毎日気にはしてるんだけど、今年の誓いが成されないまま早くも
2月に突入してました(ー。ー; あー、イケイナイケナイ。

『ジュリー&ジュリア』の翌日に見た『かいじゅうたちのいるところ』。
約半月経っちゃったけどやっとブログ書きます。簡単に(^_^;

20100203wed_kaijyu1

原作の絵本を読んだことなくて、予告編だけでかなり期待していた映画。
でもやっぱり原作が絵本だからか、クロにはちょっと物足りない内容でした。
残念。
まぁ、小さなこどもによくある『反抗期』+『かまってもらいたい気持ち』が
かいじゅうたちに反映されていて、全体的にこどもな雰囲気。

子供のころから外面が良かった&ひとりが結構好きだったクロにとっては
マックスに共感はできなかったけど、
あぁいったことをこどもが感じることは理解できるかナ。
大人からしたらただのワガママにしか映らないことも
まだ世界が小さなこどもにとって、親兄弟がかまってくれないことは
ものすごーく大きな問題になっちゃうんだろうなぁ。
20100203wed_kaijyu2
ストーリーはそんな感じだけど、キグルミのかいじゅうたちの表情は
驚くほど豊かです。↑コレ見たらわかると思うケド…☆
とくにジュディス(マックスの左向う)の表情がコワイんだけど
「コワイもの見たさ」というかなんというか目をそらせない感じ。
なので見に行って損はなかったデス。
ラスト手前のシーンでのキャロルの表情に貰い泣きしちゃいました(^-^;

マックス役のマックス・レコーズ君は素のママなんじゃないかと
思えてなりません。
かいじゅうたちの声もフォレスト・ウィテカーとかクリス・クーパーとか
いたりして。クレジット見るまで気づかなかったけどネ。

そんな感じで今年3作目は『かいじゅうたちのいるところ』でした☆

あぁ、次は『(500日)のサマー』書かなくちゃ。
あと、レンタルで見た『きみに読む物語』も
時間があったら&気が向いたらブログ書きたいと思いマス!

『かいじゅうたちのいるところ 公式サイト
公式サイトの読込中表示がとってもカワイイです☆

劇場:ワーナー・マイカル・シネマズ茅ヶ崎
    スクリーン6
座席:H-18
もう1列か2列前の方が見やすかったかも。

関係ないけど今日は『節分』です。
帰ってきたらシロさんに「鬼は~ソト~!」ってやろうと思ってたのに
あまりの寒さにお豆買うの忘れちゃいました。
秘伝豆でもいいかしら(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »