カテゴリー「旅行・地域」の記事

2008年3月 7日 (金)

4年に一度の結婚記念日☆

昨日まで猛威を振るっていた偏頭痛はどこかへ行ってしまい
今日はなんとか平常どおりな一日を過ごし、ちょこっとブログUp。

先週末4年目にして初結婚記念日を迎えたシロさんとクロですが
”4年に一度は盛大に”ってことで年に1度はお邪魔している
山中湖のペンションに行ってきました☆(←あんまり盛大でもないか。)

で、写真もたくさん撮りました。
今年の冬は2年ぶりに積雪があったとのことで、まさか積もってる
なんて思ってなかったクロたちはおおはしゃぎ!
耳が切れそうなくらいめちゃさぶだったけど、そんなことおかまいナシで
ふたりしてカメラ小僧になってました(^-^;

2000307_yuki

2000307_hujisan

2000307_hujishirosan

2000307_komen

去年はクロの誕生日に来たから1月で、しかも稜線歩きもしたんだけど
積雪はほとんどなかったデス。

2000307_komen2

おそるおそる湖面を歩いてみると結構しっかりと凍っていて立てちゃいました。
と言っても、湖岸なのでとても浅いです。

今回は早々にペンションに到着し、ゆっくりお風呂に入って
美味しい夕食とケーキをいただきました。ごちそうサマでした。
(写真が上手く撮れなかったので載せられなくて残念!)

翌日はのんびり朝食をいただいて、何か記念に残るものをということで
生まれて初めての陶芸教室☆
時間的に成形だけで、焼き上がりは1ヶ月半後くらいになるということだったので
宅急便で送ってもらわずに次回ツーリングがてら取りに行くことにしました。
どんな風に出来上がるのかとても楽しみデス(^-^)

2000307_tougei

そんなこんなでとってもステキな結婚1周年を迎えることができました☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

ひさびさのツーリング。

昨日はシロさんが代休取れたのでクロも有休を取って
ひさびさのツーリング☆
すごくいいお天気なので「海に行こう!」ってことになりました。

目的地は以前シロさんが行ってとてもキレイだったという
佐島の砂浜。時間があったのでその近くの荒崎にも行きました。
高速飛ばして1時間。横浜横須賀道路が片道950円と
目が飛び出そうなくらい高かったけど、時間の短縮度を考えたら
使ってヨカッタ。

で、キレイな写真がたくさんとれました☆

20071113_sajima1
佐島マリーナ。ヨットの維持費って高いだろうナァ。
砂浜は公園になっていて月曜はお休みでした(T_T) 残念。

20071113_sajima2
きらきらひかる。

20071113_sajima3
おひさまの光りが気持ちよさそう☆

20071113_sajima4
荒崎へ移動途中、ちょっぴり雪化粧した富士山も見えたのダ。

20071113_sajima5

20071113_sajima6

20071113_sajima8

そしてなんとっ!
来週の月曜もふたりでお休みを取って荒崎で七厘なのダ☆
釣りも企画中...。

うぅぅぅぅぅぅ...。どうかお天気になりますように!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

今年も。

今年も。
池上本門寺のお会式にきました!
今年はなんと仕事が早く終ったシロさんと一緒なのダ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

合掌造り

合掌造り
いい天気でよかった☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は五箇山!

今日は五箇山!
予報では曇りだったけど
青空の下、まだ雪の残った雄大な妙高連山が
とってもきれい☆

朝食も食べたし、今日はこれから五箇山に向かいます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

ツーリング!

ツーリング!
シロさんと一泊二日のツーリング。新潟まできました☆
能生(のう)というところの海です。
きれいだなぁ。

カップル顔負けのアヒルたち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

観光@祖谷渓谷(GW四国旅行 その2)

随分とんじゃいましたが、GW四国旅行のつづき☆

一日目は本場のオイシイうどんをたらふく
食べ(”うどん@香川”参照)、翌日は徳島へ移動。
まずは大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)へ。
ここは吉野川沿いの渓谷。
遊覧船の船頭さんが、すごい訛りとやる気のなさで
「大股で歩いても小股で歩いても危ないことから
この名前が付いたのだ」と、説明してくれました(^_^;。
20060515mon_oboke 20060515mon_oboke3
かなりの迫力!なんだけど、写真ってムズカシィ。
エメラルドグリーンが渓谷の深さと美しさを感じさせる。
こどもの日ということで鯉のぼり。
いったい誰が掛けたんだ...(掛けた人スゴイ)
20060515mon_oboke2
売店でお土産の祖谷そば(乾麺がオイシイらしい)を買って
次の目的地”祖谷渓谷(「イヤ」と読む)”へ!

祖谷渓谷は平家落人の里で、ここには敵が攻めて来たら
いつでも切り落とせるようにと全てを”しらくち蔓(かずら)”という
植物で作ったかずら橋があります。
3年に一度、架け替えをしていることのこと。
20060515mon_kazura3
渡るの有料だし人並んでるし...でもせっかくなので渡ることに。
それにしてもスゴイ人だった(*_*)
20060515mon_kazura


20060515mon_kazura2足元はこんな感じ
(結構揺れる)
混んでて進むのがゆっくりで
あまり怖くナイ。


渡り終わってから売店で炭火焼きの田楽を買う。
20060515mon_kazura_dengaku 歩きながらパクリ☆ ウマイ!

20060515mon_kazura_taki
売店のとなりにある”びわの滝”。
平家の人々がこの滝の下で琵琶を奏で
慰め合ったそうです。
高くて細い華奢な佇まいが切なさを誘う。




そしてかずら橋の下の沢で水遊び☆
この日もかなり暑かったから気持ちいい!
でも、あまりの冷たさに3分も入っていられない(*。*)
スイカもあっという間に冷えてしまうくらい冷たい。
20060515mon_kazura_sawa 20060515mon_kazura_sawa2

すっかり童心に返って遊んだあとは車で更に奥祖谷へ。
お次は二重かずら橋。(有料)
道路脇の遊歩道から下へ降りていくんだけど
きれいに整備されてるし脇に咲く可憐な花々が
観光疲れに心地いい。
20060515mon_nijyu_kazura4 20060515mon_nijyu_kazura5
さっきの橋はかずらだけで作られてたけど
こっちの橋は土台にワイヤー使用。
なのに足元の渡し木の間隔がまばらでかなり怖い!
奥祖谷まで来る人は少ないからか人はまばら。
20060515mon_nijyu_kazura すぐそばにもう一本ある。
20060515mon_nijyu_kazura2

2本とも渡り終わったあと
沢にかかる”野猿(やえん)”という
人力ロープウェイに乗る。
半分くらいまで勢いで行ける。
結構たのしい☆


一通り目的の観光を終え、本日の宿「穴吹温泉」へ。
この移動は延々山を越えた。
太陽に照らされた山々は昔話の挿絵にありそうな色彩。
ところどころ桜や藤、山つつじなどの花が咲き
緑の地に素朴な色合いが散りばめられた
パッチワークといった感じ。

いよいよ宿に近づいた!とほっとしたのも束の間。
先日の雨による土砂で地図に示された道は工事中。
宿の地図には2ルート記載があったけど”まわり道”看板の通りに
迂回することに。が、これがマズかった。
舗装はされているものの車一台の幅のすっごい急斜面!
点在する立派な農家を横目にクロもシロさんもハラハラ。
途中、歩いていた農家のおばあさんに道を尋ねると
まだまだ登って、登りきったところを下るらしい。
と、いうことは一山越すってことぉ!(*。*)
引き返すこともできず、更に進む。
と、ガードレールに宿ののぼりが!
目的地は目前(^0^)、と思いきや進めど進めど
のぼりはあるものの宿らしき建物は現れず...。
工事中のガタガタ道が現れたときは
ホント心配だったけど、それを過ぎるとありました☆
”水車の里 穴吹温泉”。
ご主人に聞いたところ、もうひとつのルートで
来たほうがよかったらしい(T_T)
早速チェックインして先に夕飯をいただくことに。
この宿は”しし鍋”がオススメだったので
しし鍋コースを予約時に注文。
20060515mon_sisinabe
一品料理は当日注文できるということだったので
クロもシロさんも初の”鹿刺し”。
それからアメゴという渓流に住むアユに似た魚の塩焼き。
阿波踊りにちなんで名づけられた”阿波雄鶏”。
20060515mon_sikasasi 20060515mon_amego 20060515mon_awaodori
どれも美味しかったけど、クロは鹿刺しはちょっと
臭いがダメでした。

たらふくご飯を食べたあとはゆっくり温泉へ。
サウナも付いてました。
部屋は建物2階にあるログハウス風の部屋で
中もきれい。テレビとトイレと洗面所がついてます。
お布団はセルフ。
両脇の部屋では子供がおおはしゃぎ☆
子供連れにはとってもいい宿だと思う。
お風呂や門限は21時半と早いけど、それでも充分。
1泊2食付で6500円(入湯税含む)とは格安!
翌朝は宿の向かいに流れる渓流沿いの散策コースで
森林浴を楽しみました!
20060515mon_anabukionsen
ここの宿はアットホームで何よりコックコートのご主人と
由紀さおり似(そう思うのは私だけ?)の奥様が素敵☆
翌朝宿を発つ時など、いつまでもお二人、手を振って
見送ってくださいました。
徳島に行く時は是非また泊まりたい宿です。
”水車の里 穴吹温泉”のHPはコチラ。
http://www.anabukionsen.com/index.html

さてさて、最終日のUpはいつになるやら...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

うどん@香川(四国旅行 その1)

楽しいGWもあっと言う間におわっちゃいました。
写真や旅費の片付け終了。やっとココログUPです。

夜行バスで往復2泊した4泊3日の旅の初日は
”香川@うどん”食い倒れツアー☆
クロとシロさんはレンタカー借りないつもりだったけど
「車でないと大変だよ」とトモダチが言うので予約。
ホント借りてよかった。

で、1軒目は一番人気の”山越うどん”(やまごえと読む)。
通り道にあった”宮武”はお休み。残念!
9時半過ぎにつくと、すでに行列が!?
20060508mon_udonyamagoe2
もっとすごいのは車の数。2ヵ所ある駐車場はいっぱいで
道なりに路中の車がズラリ!
クロたちもかなり上に止めて5分くらい歩いて列の最後尾へ。
今年のGWは晴天に恵まれたけど、これがかなり辛かった。
2時間半強、ほとんど炎天下の中でただ一心に
うどんを夢見て並んだのでした。
ここは”かまたま”が有名だけど”かけ”も美味しいと
聞いてたのでクロは”かけの小”にちくわ天。
シロさんは”かまたまの小”にちくわ天。
20060508mon_udonyamagoe
二人の合計、なんとっ450円!
この値段に2時間半強も並んだとは自分でも驚き。
お味のほうは、クロが食べた”かけ”の勝利☆
なんてったって出汁がウマい!!!
ちくわ天もデカい!!!
ちょうど良い歯ざわりであっと言う間に完食。

2軒目は山越から近い”池内うどん”。
どこに並んだらいいのか分からずウロウロ。
店舗入り口ではなく、建物の間。裏から回る感じ。
15分ほど並んでようやくか、と思った次の瞬間!
うどんは売切れ(号泣!)。蕎麦はやめてすぐに
車に乗り込み移動。

3件目、”善通寺の山下うどん”へ。
こっちも並んでた~(*。*)
またもや炎天下待つこと30分。
クロは”醤油うどん”。シロさんは”湯きりうどん”。
ここもクロの勝利☆
20060508mon_udonyamasita
醤油うどんはネギとレモンがのっていて
自分で大根をおろして醤油をかけて食べるんだけど
麺のシコシコ感がたまらない!
強い食感を求める人は絶対山下うどんを
食べるべし☆
ここの出汁も美味しいので湯きりうどんオススメ。
黙々とうどんを伸ばし、切るという作業をこなす
ご主人。その口からときたま出る店員への指示は
経営者としての手腕も窺わせマス。
山越に比べると調理場が戦場と化している。

4軒目は”長田in香の香”。
すでに16時近かったからかすんなり入れた。
クロは”かまあげ”。
20060508mon_udonkanoka
シロさんは”ひやかけ”。
ここの麺はクロにはイマイチ。
なんていうか麺のまわりがふやけた感じ。
旅行本を見ると「表面は柔らかく、芯はしっかりした麺」と
書いてあった。表現方法や好みは千差万別。
釜揚げの出汁は特に、という感じ。
シロさんの冷出汁は薄くてイマイチ。
ちょっと残念。

残る”むさし”は、宿泊するホテルのまん前なので先にチェックイン。
徒歩で金毘羅参りへ行く前に、5軒目”むさし”へ。
カレー好きのクロはもちろん”カレーうどん”。
20060508mon_udonmusasi
山下でクロが食べた醤油うどんの感動を忘れることが
出来なかったシロさんは”醤油うどん”。
もちろんクロのカレーうどんに軍配が上がったのでした☆
ほんとはご飯も頼んで、美味しいカレーを2度楽しもうと
思ってたのにお腹イッパイで最後の方はアップアップしながら
食べたのでした。美味しいうどんがモッタイナイ。
ここの麺は山越と山下の中間くらいの硬さだけど
ちょっと太め。山下くらいの太さだったら最高なのに。
カレーは甘めだけどスパイシーな辛さ(香りはそうでもない)が
クセになりそう!カレーにはそんなに興味のない
シロさんをもうならせた素晴らしいカレー。
東京にもあったらなぁ(クスン)。

そして一日目の締めくくりは金毘羅参り。
すでに陽は傾き灯りがつき始めたっていうのに
シロさんが奥社まで行くって言うの!
時折茂みがガサガサという度、クロは恐ろしくて
仕方なかったデス。
「クマかオバケがでるよぉぉ。」と言うクロに
「ここは神様のいるところなんだからオバケはイナイ」
と、シロさんはのんびり。
転がってでも早く御本宮に辿りつきたかった
クロなのでした。
20060508mon_konpirasan (御本宮に着いた時は真っ暗!)
夜行バスの疲れから、クロもシロさんもグッスリ。
2日目は観光@祖谷(いやと読む)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

山越おそるべし!

山越おそるべし!

うどん食べるのに炎天下並んで既に2時間過ぎてマス。
入り口は見えてるのにあと30分はかかりそうな勢い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月30日 (日)

バイクで大涌谷!

バイクで大沸谷!

昨日はユネッサンで温泉三昧のあと知人の別荘に泊まり、いま大涌谷です。

すごい霧!

| | コメント (0) | トラックバック (0)